{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602006639667826   整理番号:68A0137823

橋かけ環状構造をしたケトオキシムの水素化アルミニウムリチウム還元によるアジリジン生成の立体化学ベンゾビシクロ〔3.2.1〕オクテノンオキシム

Stereochemistry of aziridine formation by lithium aluminum hydride reduction of ketoximes of bridged rirr systems.On benzobicyclo3.2.1octenone oximes.
著者 (3件):
資料名:
巻: 13  ページ: 1651-1655  発行年: 1968年
JST資料番号: E0366A  ISSN: 0040-4039  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 短報  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
表記のオキシムのsynとantiの混合物を薄層クロマトグラムにて分離し,水素化アルミニウムリチウムで還元すると対応するアジリンンとアミンが生成。8-メチル誘導体でも同様の反応を行なう;表2参4

前のページに戻る