{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602006646470914   整理番号:60A0016293

Sr・TiO3中のMIVnおよびZnS中のMn2+の常磁性共鳴スペクトルの禁止転移△(M+m)=0

Verboten △(M+m)=0 Ubergaenge im paramagnetischen Resonanzspektru〓 von Mn/Y im SrTiO3 und Mn2+im ZnS.
著者 (1件):
資料名:
巻: 33  号: 6/7  ページ: 497-501  発行年: 1960年
JST資料番号: C0114A  ISSN: 0018-0238  CODEN: HPACAK  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: スイス (CHE) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
核スピンmが変わらず電子スピンMが1だけ変わる許容転移と禁止転移について,強度の比や共鳴線の位置について議論し,著者の前の実験と比べる:スイス物理学会報告(1960年5月7,8日開催)

前のページに戻る