{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年08月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年07月
文献
J-GLOBAL ID:201602006656491421   整理番号:58A0062987

ジャィルマ向斜帯におけるデボン紀晩期・石炭紀初期のたい積物とそれと共生する鉄,マンガン鉱石の生成条件

Об условиях формирования отложений верхнего девона и нижнего карбона и связанных с ними железо-марганцевых руд в Джаильминской мульде.
著者 (1件):
資料名:
巻: 1958  号:ページ: 23-38  発行年: 1958年
JST資料番号: R0046A  ISSN: 0321-1703  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
中央カザーフに発達するデボン紀晩期・石炭紀初期たい積物は極大海進期に起った局部的隆起,浅海化海盆地域に生成し,それに伴う鉄,マンガン鉱床は,海底火山噴火によって生成したものであって,常に当時の主火山地帯の周辺帯に賦存している

前のページに戻る