{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602006656997619   整理番号:68A0135441

第一アミンの定量における酸化窒素吸収剤の比較研究

Vergleichende Untersuchung Uber die Stickoxidabsor-bentien bei der Bestimmung der primaren Aminogruppe.
著者 (2件):
資料名:
号:ページ: 66-70  発行年: 1968年
JST資料番号: D0076A  ISSN: 0026-3672  CODEN: MIACAQ  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: オーストリア (AUT) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
酸化窒素の種々吸収剤を比較検討し,それらの吸収能をもとめた。最も有効なのは臭素酸塩-硫酸系であ,,クロム酸は反応が遅いので不適当。固体の過マンガン酸銀はあま活活性がない。臭素酸塩-硫酸系は硫酸濃度が10%以下のとき長期保存が可能。固体吸着剤では沈殿二酸化鉛が特に活性,二酸化マンガンも活性だが容量が小;図2表1参5
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る