{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602006666523798   整理番号:68A0334212

ミトマイシンC投与法に関する2,3の実験的知見

著者 (6件):
資料名:
巻: 75  号:ページ: 199-211  発行年: 1967年
JST資料番号: G0650A  ISSN: 0040-8700  CODEN: THIZAZ  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
吉田肉しゅラットに種々の方法でミトマイシンCを投与し,その効果を生存率(I)しゅよう増殖率(II)および,血液像および血しょう成分の生化学変動を含む病態生理学的変動(III)により比較検討.200γ/kgより5007/kgの範囲では投与量の増加につれIは高まる.分割投与と1回投与における差はない.IIの抑制効果についても同様の傾向がある.これに対し,IIIについては薬剤投与にょり正常化の傾向を示すが,量における差は著明でないこの範囲の投与量では回数よりも投与総量が問題であると考える:参16
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る