{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602006683542143   整理番号:68A0260891

大気中におけるフロント生成:数値実験

Atmospheric frontogenesis: A numerical experiment.
著者 (1件):
資料名:
巻: 24  号:ページ: 627-641  発行年: 1967年
JST資料番号: C0322A  ISSN: 0022-4928  CODEN: JAHSA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
本研究の目的は,最初大規模な変動しか含まない場から狭い不連続帯を作り出すことである。このモデルでは,気温,気圧以外のすべてめ量はy(緯度)に独立で,zのみの関数であるy微分をもつ。静力学的Boussinesq方程式系を使用し,摩擦,加熱,fの緯度変化は無視した。実験結果によれば,発達する傾圧波はそれ自身変形し,寒冷前線帯をつくり出す。さらに,数値解の主要な特徴をもつ解析解が得られる。数学的には,その解析解は,shockやpressure jumpの形成を記述するものと同様である。物理的には,渦度は常に発散よりはるかに大きいため全く異なる;写図10 参26
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る