{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602006685622934   整理番号:68A0298406

動態的管理論への提言「行動的管理観」「組織運動論」「課題中心組織」

著者 (1件):
資料名:
巻: 14  号:ページ: 2-12  発行年: 1968年
JST資料番号: G0371A  ISSN: 0036-438X  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
品質管理とは品質を管理するのではなく,組織成員の品質維持なし向上行動の管理でなくてはならぬ。今日の経営改善の努力の中で最も不足しているのは,このアクシ闘ンが所期あ効果をたそらすにいたるまでの組織活動過程の観察分析,そして知恵のルール化という側面だ。そして今後の組織論の1つの発展動向は組織運動の理論の展開であり,課題中心的執務観へ切り換える必要があると論ず;写図1表2
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る