{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602006693254910   整理番号:68A0138718

トリフェニルーアルシンおよび一ホスフィンの酸化物およびニトラート誘導体

Oxide and nitrate derivatives of triphenyl-arsine and-phosphine.
著者 (3件):
資料名:
巻: 12  号:ページ: 369-376  発行年: 1968年
JST資料番号: B0412C  ISSN: 0022-328X  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: オランダ (NLD) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ジブロミドと硝駿銀との複分解およびジヅロミドとジニトロゲンテトオキシドとの反応で,(Ph)3As(NO3)2(I)を合成した。同型のスチビンジニトラートを加水分解すると,酸素橋かけ化合物である,(Ph3SbNO3)2Oが生成するが,これに対して1を加水分解すると,Iと硝酸の11付加体ができる。CCL4を溶媒として(Ph)3PとBr2の反応で合成した,トリフェニルホスフィンジブロミドとAgNO3,N2O4またはN2O5の反応ではニトラトーホスホラス化合物はできない;表2参23
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る