{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602006697663881   整理番号:60A0051534

ウランの呈色環生成反応による検出

Urannachweis durch Ringreaktion.
著者 (1件):
資料名:
巻: 83  号: 24  ページ: 814  発行年: 1959年
JST資料番号: B0261A  ISSN: 0009-2894  CODEN: CMKZAT  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 短報  発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
フェロシアン化カリウムを用いるウランの検出はすでに知られているが,この方法を用いた感度を高めだ呈色環反応について.検出液を弱酸性とし,塩酸とフェロシアン化カリウム溶液を加え,混合後希アンモニア水を注ぐと,界面にかっ色の環が生ずる.呈環の強さとウラン量との関係,他元素が混入している場合の影響を調べた
タイトルに関連する用語 (1件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る