{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602006704835561   整理番号:68A0106100

SA330の振動問題解決のための構造研究

Recherche de solutions structurales pour rsoudre les problknes de vibration du SA.
著者 (1件):
資料名:
号:ページ: 57-66  発行年: 1968年
JST資料番号: E0210B  ISSN: 0001-9275  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: フランス (FRA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
飛行試験時にロータ回転数の4倍の激しい振動が,操縦士付近に生じた。まづロータの共振点がこれに近くハニカムを取入れて補強した。次に機体各部の振幅を調べると減速歯車箱付近が大きく,機体自身の共振数も4Rに近いが,ほぼ強制振動とみて,歯車箱取付け法をかえた。支持棒は防振ゴムを介してつけ,横方向,縦方向の防振にスノコのような方向性をもつ柔軟な板を用いた。効果はあり,振動は0.1g程度まで滅少した;写図18参2
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る