{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602006708912358   整理番号:68A0017362

高速電チによる金属1よく照射の際の口〓視光線

Sichtbare Strahlung beim Beschuss von Metallfolien mit schnellen Elektronen.
著者 (2件):
資料名:
巻: 26  号:ページ: 76-89  発行年: 1967年
JST資料番号: A0318A  ISSN: 0001-6713  CODEN: APASAP  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: オーストリア (AUT) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
Al,Au,Ag等の金属はくを0.6,1.0,1.5,2MeVの電子で照射して,その際生ずる偏光可視光線の強度と角度分布を調べた。こうした偏光可視光線は,高速荷電粒子が(1)誘電率の異る物質間を運動するために生ずる光,(2)原子核のクローン場中を運動するために生ずる制御放射,(3)両者の干渉等から成立つが,計算によって測定した光の大部分は(1)である事が判明した。(1)の光は,その進行方向と,電子の進行方向を作る面内に偏光し,0°~90°の中間に最大値を持つ角度分布を持つことが分った。またAlはくの場合の解析から,理論と実験はよく一致することが明らかとなった;写図7表3参13
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る