{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602006720155422   整理番号:60A0114927

ウイドマンステッテン組織中のフェライト溶接可能な構造用鋼の変態と機械的性質

Der Ferrit in Widmannstaettenscher Anordnung. Ein Beitrag zum Umwandlungs- und Festigkeitsverhalten schweissbarer Baustaehle.
著者 (2件):
資料名:
巻: 79  号: 26  ページ: 1901-1912  発行年: 1959年
JST資料番号: E0131A  ISSN: 0340-4803  CODEN: STEIA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
炭素0.2%を含む構造用鋼に現われる,鋼の壁開性組織について,恒温焼入れにおけるフェライトの形成の開始を通じて,針状フェライトの出現が確かめられ,一方において,Ac3-変態温度から500°Cまで,50~65minの冷却期間における恒常限界(ほぼ変態が停止する時間)が確かめられた。なお,この組織が衝撃値に及ぼす影響を調べた;写6図14表1参28

前のページに戻る