{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602006723834959   整理番号:68A0316607

相関装置の自動化

資料名:
発行年: 1968年
JST資料番号: Z0000A  資料種別: 不明
発行国: その他 (ZZZ) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
1個の可動検出器を有するγ-γ角相関測定装置の自動化について述べた。可動検出器は連続的に移動し,同時計数パルスが角度の関数としてマルチチャネル波高分析器に与えられる。この角相関装置は簡単であり,信頼度が高く,安価であるほか,いかなる形式の角相関,あるいは角分布の測定にも適合し得るものである。可動検出器が測定角度に停止するような通常の角相関装置の簡単な自動化についても述べた。NaI結晶を用いて,69Niのγ-γ相関を測定し,相関系を較正した。60Coのγ-γ角相関の測定例を示した。非直線性は0.7%であった;写図5参2
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る