{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602006727272068   整理番号:68A0194395

Remazo1R染料応用における化学的む三びび物理化学的紹合

Chemische und physikalischchemische ZusammenhMnge bei der Anvwendung der Remazol-Farbstoffe.
著者 (1件):
資料名:
巻:号:ページ: 151-159  発行年: 1968年
JST資料番号: C0464B  ISSN: 0040-5310  CODEN: TXLVA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: スイス (CHE) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
反応性染料染色における染料とセルロースとの優先的結合の原因についての諸説を概説し,さらにRemazo1染蒋について各説の妥当性を検討し,染料-繊維間の反応速度および加水分解速度のような純粋な反応力学量だけでなく,拡数速度,染料の直接性などの因子も反応染料固着に重要であることを見出している。反応速度への温度,固着率への直接性,直接性および固着率への電解質など各影響を検討し,さらに2種の配合染料についても検討し,単独染料の例がそのまま適用できないと言及;写図12表1参30
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る