{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602006739723359   整理番号:68A0154135

赤外線カメラによる伝熱の測定

Measurement of heat transfer with an infrared cam-era.
著者 (2件):
資料名:
巻: 11  号:ページ: 819-822,822(1),823-826  発行年: 1968年
JST資料番号: C0390A  ISSN: 0017-9310  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
この論文では極超音速風胴において伝熱の測定に用いる赤外線カメラを開発し,風胴実験を行なって性能を調べている。風胴に入れる模型は,シリコーンゴムで作り,温度変化によって出す赤外線を薄いプラスチックの膜を通して赤外線カメラに導く。カメラに入った赤外線は鏡やゲルマニウムレンズを用いてアンチモン化インジウム(InSb)検出器に集められ,光を電気信号に換えて測定する。この技術は温度感知塗料や金属被膜の方法によく似ているが実験のたびに模型を塗り換える必要がなく,また温度測定精度がよいなどの特長がある;写図8参7
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る