{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602006760797389   整理番号:60A0098029

ディーゼル機関車と電気機関車の動輪フランジの摩耗の防止

Methods of reducing flangewear on diesel and electric bogie locomotives.
著者 (1件):
資料名:
巻: 49  号:ページ: 771-825  発行年: 1960年
JST資料番号: C0308A  ISSN: 0048-6515  CODEN: JILEA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
機関車の動輪フランジの摩耗は従来からもしばしば論ぜられてきたが,蒸気機関車にあうては大きな影響はないものと考えられた.しかるに近時鉄道の動力近代化に工ってデイーゼル機関車と電気機関車が配置されこれらの機関車が全動軸でボキー構造の場合はフラジンの摩耗が大きな影響を及ぼす二うになり.この防止策も真剣に考慮されるようになった.著者はブラジル,スペイン,ジヤマイかの電気,ディーゼル機関車を実例としていろいろの摩耗防止対策すなわち高張力タイヤの使用,適正な軸箱守遊間の設定,輪縁塗油方式などについて詳細に説明している;写6図10表1
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る