{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602006764068934   整理番号:68A0059855

1968年春季ライプチッヒ見本市での東独の工業用発電装置

Der Industriezweig Kraftwerksanlagenbau der DDR auf der Leipziger FrUhjahrsmesse
資料名:
巻: 23  号:ページ: 172-173  発行年: 1968年
JST資料番号: E0208A  ISSN: 0040-1099  CODEN: TEBEA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: 東ドイツ (DDR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
工業用の蒸気源装置,火力発電設備とその主要機器について紹介している。蒸気プラントについては2~3の例が示されている。その1つはチェーンストーカだきの12.5t/h3台のボイラと1.6MW背圧タービンの組合せプラントであり,他は振動ストーカだきの64t/hボイラ4台と12MW凝縮器付タービン3台の組合せである。また12.5t/hから220t/hまでの油だきボイラのシリーズも紹介されている。ガスタービシ装置では入口温度750~800°C一軸当り出力25~32MW,中間冷却器なしで大きさ250m3/MW,他に据付面積13m2/MWの飮用水製造装置を紹介
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る