{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602006769312361   整理番号:68A0114184

臭化2-ブロム-2-メチルプロピオニルにおける回転異性

Rotational isomerism in 2-bromo-2-methylpropionyl bromide.
著者 (2件):
資料名:
巻:号:ページ: 98-104  発行年: 1968年
JST資料番号: C0323A  ISSN: 0022-2852  CODEN: JMOSA3  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: オランダ (NLD) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
標題化合物の赤外スペクトルを蒸気,液体,ガラス状および種種溶媒における溶液状態で観測した。この化合物は二種の回転異性体として存在し液体および気体の両状態で極性の少ない型がより安定であることが結論される。両型とも三状態すべてにおいて存在し極性のより大きい型の濃度は純液体状態よりガラス状固体や気体状態で小さい。臭化ブロムアセチルと比較してこの化合物の相対的安定性が逆転するのは主としてメチル基の立体障害に帰せられる;写図3表3参7
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る