{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602006772282635   整理番号:68A0048226

原子力発電所の完全安全と採用価値に対する初期破損診断

Incipient failure diagnosis for assuring safetyand availability of nuclear power plants.
著者 (2件):
資料名:
ページ: i-vii,1-392  発行年: 1968年
JST資料番号: Z0000A  資料種別: 不明
記事区分: 原著論文  発行国: その他 (ZZZ) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
1967年10月30~11月1日GatlinburgでUSAECとORNL共催で関係者を招集し開催された会議報告である。6部門すなわち(1)原子炉運転と防護システムのオンライン試験(2)悪作用の診断とふっとう検出の核的方法(3)非破壊試験による原子炉一次系の初期破損の検出法(4)オンライン試験と検査に対する原子力発電所設備建屋用方法論(5)原子炉に関係しない部門での初期破損検出と悪作用診断法(6)原子炉附属物の事肩履歴について約30件の発表とそれぞれ部門でのディスカッションを行ないこの完全報告をした

前のページに戻る