{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602006778087761   整理番号:68A0042680

制御問題におけるlower closureのための凸性条件の必要性

the necessity of a certain convexity condition Mfor lower closure of control problems
著者 (1件):
資料名:
号:ページ: 174-185  発行年: 1968年
JST資料番号: B0653A  ISSN: 0036-1402  CODEN: JSMCA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
lower closureなる新しい概念を導入し,これが最適制御の存在定理の証明にきわめて重要な役割を有することを示した。まず系がlower closureであるための必要十分条件を導びき,これによって存在定理のもっとも一般的な形であるCesariの仮定が場合によってゆるめられることを示した。しかし,状態変数,操作変数の属する集合が有界でない場合にはCesariの条件はlower closureのための必要条件たりえないが,他の場合にはこの新しい概念導入が有効である;参16
タイトルに関連する用語 (1件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る