{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602006805664768   整理番号:60A0111657

溶接構造勅としてのリオンにあるギロチエ橋 III 組立と施工

Pont de la Guillotiere a Lyon en acier soude.III.Fabrication en atelier et montage de l’ossature metallique.
著者 (3件):
資料名:
巻: 14  号: 1/2  ページ: 12-20  発行年: 1960年
JST資料番号: E0122A  ISSN: 0246-0963  CODEN: SOTCA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 文献レビュー  発行国: フランス (FRA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
溶接けたの開先き,積層方法と積層寸法,手動および自動溶接の区分,回転溶接用じぐの説明。使用した鋼材は引張り強さ42~54kg/mm2,伸び20%,衝撃値8kg/mm2以上で低温もろさのよいものを吟味.使用鋼材2500t,溶接全長94km,リベット数199.000本;写3図4
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る