{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602006807328803   整理番号:68A0044138

有機硫化物の存在下での酸中の鉄の腐食

Corrosion of iron in acid solutions in presence-of an organic sulfide inhibitor.
著者 (1件):
資料名:
ページ: 449-458  発行年: 1966年
JST資料番号: K19670075  資料種別: 会議録 (C)
記事区分: 原著論文  発行国: イタリア (ITA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
有機抑制剤(キシレン硫化物)存在下と存在なしでのHC1溶液中の鉄の陰極分極の測定を実施した。実験は250°C,50°C,80°Cで行なった。分極曲線から,腐食電流(icorr)を計算した。iccorrの値と,腐食反応の活性化エネルギ(E)の値はおのおのの温度でのHC1中での抑制剤の効果をはっきり示した。これらの事実,図表を加えて手際よくまとめている。討論付;写図2表4参5
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る