{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602006856732814   整理番号:60A0124880

総観的尺度の電波気象学におけるポテンシャル屈折率の応用

The use of potential refractive index in synoptic-scale radio meteorology.
著者 (1件):
資料名:
巻: 17  号:ページ: 264-269  発行年: 1960年
JST資料番号: C0322A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ポテンシャル屈折率の概念を,従来の研究および現在問題になっている総観的尺度の電波気象学の見地から検討した。新しいポテンシャル屈折率を定義し説明した。新しい要素が長距離のマイクロ波およびレーダの送信に実用的であるという結論に達した;図8参3
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る