{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602006880858276   整理番号:68A0187751

接着系の評価に対する引張試験の応用

UVsing-a tensile bond test to evaluate adhesive sys-tems.
著者 (2件):
資料名:
巻: 67  ページ: 52-55  発行年: 1967年
JST資料番号: E0764A  資料種別: 会議録 (C)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
粒子加速器の電磁石コイルのターン間に使用されるシート絶縁物と導体間の接着力を試験するため考案した修正crossed bar試験法について報告した。試験片は面積lin×3-8in長さ2inの金属棒2個からなり,その表面をクリーニングして接着剤で接着する。試験方法を説明し,次に接着力に影響する因子として金属棒の種類クリー畠ング方法,接着剤の組成と硬化条件,試験温度,絶縁材料の種類,熱劣化の影響などをあげ,これらの因子の水準を変えて接着力試験を行なった結果を比較検討した;写図5表10参5
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る