{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602006889935354   整理番号:68A0233159

ぜい性割れ発生に対する鋼の抵抗に及ぼす残留応力および永久ひずみの影響

Влияние остаточных напряжений и деформационного старения на сопротивляемость стали образованию хрупких трещин.
著者 (2件):
資料名:
巻: 21  号:ページ: 34-37  発行年: 1968年
JST資料番号: R0163A  ISSN: 0005-111X  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
低炭素鋼製切欠き試験片の広い温度範囲における静的強さに及ぼす残留応力および永久ひずみの影響に関する実験データを導いている。結論は紛粘性,擬ぜい性およびぜい性破壊の温度域における上述試片の構造強さに及ぼす引張り残留応力の影響を研究した結果,残留応力は擬ぜい性破壊からぜい性破壊への移行温度に論いてのみぜい性割れ発生に対する鋼の抵抗を減ずることがわかった(2)永久ひずみは正の温度側に語いて公称強さの低い境界を転位さす,そのため残留応力の影響ぱ高温のときに現われる;写図4参11
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る