{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年12月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年12月
文献
J-GLOBAL ID:201602006899213918   整理番号:58A0052367

ASAスピードとDINスピードの関係の研究へD-logE曲線の主成分表示法の使用

The Use of Principal-Component Description of D-log E Curves in a Study of the ASA-DIN Speed Relationships.
著者 (1件):
資料名:
巻:号:ページ: 210-212  発行年: 1958年
JST資料番号: D0429A  ISSN: 0031-8760  CODEN: PSENAC  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
黒白ネガフィルムの一定濃度(0.1)法スピードと有効グラジエント法スピードの関係の研究に主成分表示法は有効に適用し得る。スカラ倍数のDINとASAスピード点間のlogE差との関連からスカラ倍数が感度測定のパラメータとなりうる

前のページに戻る