{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602006902635128   整理番号:68A0070031

円筒ウォーム歯面の母線表示とその応用

著者 (1件):
資料名:
巻:号:ページ: 350-356  発行年: 1968年
JST資料番号: G0327A  ISSN: 0387-2432  CODEN: MIJGA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 文献レビュー  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
工具とウォーム歯面との接触線を母曲線としてウォーム歯面を表示することにより,切削法および歯形の相違を越えてウォーム歯面を統一的に表示することができる。特にウォーム歯面が回転工具-の包絡面として与えられる揚合でも,その示性線が直ちに母塗線となることから,ウォーム歯面が容易に表示される。そしてこ去による解析の結果を用いれば,母曲線が足まると,次のウォーム歯面の包絡面を求める問題は同一手順で示されることになり,簡単な処理となる。この結果を応用して,ウォームの荒削工具の形状を求める計算およびホイルとのかみあい計算などを解説;写図9参8
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る