{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602006921614522   整理番号:60A0096859

損失比の小さい変圧器を用いて配電系統運転費を節減

Reduced-loss-ratio transformer saves in distribution operation.
著者 (1件):
資料名:
巻: 154  号: 14  ページ: 42-43  発行年: 1960年
JST資料番号: B0447A  ISSN: 0013-4457  CODEN: ELWOA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
損矢比とは定格出力における銅損と,定格出力における玖損の比で・普通の変圧器では3~4である.代表的な25kVA変圧器につき,損失比が1.5~4の範囲で年間平均負荷に対して,運転費,損失価格がどのように変わるかをグラフで示し,また全損失が等しく,損失比が3.1と2の変圧器につき経済計算例を示し,損矢比の少ない変圧器の方が経済的であることを示した.また電圧降下の点でも損失比の小さい方が有利である
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る