{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602006923411211   整理番号:68A0122437

1-クロルと2-クロルノルボルネンの塩化水素付加塩素の直接効果

Hydrochlorination,of 1-chloro-and 2-chloronorbornene.The directive effect of chlorine.
著者 (2件):
資料名:
号: 29  ページ: 3345-3348  発行年: 1968年
JST資料番号: E0366A  ISSN: 0040-4039  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 短報  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
2-クロルノルボルネンを四塩化炭素中78°Cで塩化水素付加すると定量的に2,2-ジクロルノルボルナンが生成。これは中間に生成するカル淑ニウムイオンの安定性のため。1-クロルノルボルネンを塩化水塔付加すると95%で1,eχ。-3-ジクロルノルボルナンが生成。中糊のカルボニウムイオンおよび機構を考察;参11
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る