{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602006929419290   整理番号:68A0121087

ネプッニウム炭化物の合成とその構造

Preparation et structure des carbures de neptunium.
著者 (1件):
資料名:
巻: 266  号: 12  ページ: 900-902  発行年: 1968年
JST資料番号: B0611A  ISSN: 0567-6541  CODEN: CHDCAQ  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 短報  発行国: フランス (FRA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ネプッニウム水和物を減圧下に1400°Cで炭化させて結晶パラメータとしてa=5,0026±5×10-4AのNaCl型面対称立方晶系の一炭化物NbC0.94を合成した。またこのNbC概94二分子に対して減圧下に1400°Cで1分子の炭素を反応させてU2C3やPu2C3と同構造型のa8.1023士3×10-4λ,空間群I43dの結晶バラメータを示すセスキ炭化物も合成した。つぎにこのセスキ炭化物をへリウム中で2400°Cで2時間処理しても二炭化物ま合成できなかった。これらの事実らNbーC系の反応はU-C系よりもむしろPuーC系の反応に近いことが推論された;参4
タイトルに関連する用語 (1件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る