{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602006947344060   整理番号:68A0059614

タービン翼の永久ひずみ計算

РАСЧЕТ ОСТАТОЧНЫХ ДЕФОРМАЦИЙ ТУРБИННЫХ ЛОПАТОК
著者 (2件):
資料名:
巻: 14  号:ページ: 38-40  発行年: 1968年
JST資料番号: R0031A  ISSN: 0131-1336  CODEN: EGMSA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
高温構造の変態時の不均一塑性変形と表層中の切断時に起る容量変化が原因となって,部品の表面層中に残留応力が発生する。ここでは永久ひずみの計算のためにステンレス鋼の機械加工時の残留応力を調べ,電子計算機によこりひずみの公差を計算する方法を提示した;図2表2参3
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る