{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602006948644598   整理番号:60A0003167

超音速における翼・胴体干渉の第二近似の理論および実験的調査

Theoretical and experimental investigation of second-order supersonic wing-body interference.
著者 (3件):
資料名:
巻: 27  号:ページ: 694-702  発行年: 1960年
JST資料番号: C0250A  CODEN: JASSA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
二つの異なった理論的モデルを使って,翼・胴体結合物体まわりの超音速流に対する第二近似解が計算されている。第一に胴体のスパン方回の曲率が小さく,翼のわん曲はマッハ円錐に比べて小さいと仮定されている。第二に二次元直交場を考えている。解析はM-2《1のように高いマッハ数に制限して,二つのモデルへの近似方式が二次項であらわされている。この方程式は風胴の流れの非一様性の影響のある実験的圧力分布を補正するのに用いられる。理論を試みるために無揚力の円錐・柱物体に簡単な翼を付けて,風胴実験を行なっている;図16参6

前のページに戻る