{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602006952814422   整理番号:68A0218829

2値および4値信号の対雑音特性の比較

Quantitativer Vergleich der Storempfindlichkeit binarer und vierwertiger Signale.
著者 (2件):
資料名:
巻: 20  号: 1/2  ページ: 95-112  発行年: 1967年
JST資料番号: A0398A  ISSN: 0003-3804  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ガウス性の雑音のある線形通信路で信号が送られる場合を状態の遷移としてとらえ,遷移行列を計算して2値および4値の信号を比較した。この結果,2値信号が4値信号よりすぐれていることが明らかになった。このことは実験によっても確かめられた;写図11 表9 参8
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る