{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602006997582670   整理番号:68A0185914

逆混合の概念

The concept of backmixing.
著者 (1件):
資料名:
巻: 23  号:ページ: 92  発行年: 1968年
JST資料番号: B0254A  ISSN: 0009-2509  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 短報  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
段階的過程に関する文献に齢いて,逆混合という用語は相が主流に対して動きうる機構を示す(1)。これに対し漸次的に操作される過程た関する文献にかいては逆混合という用語は滞留時間の広がををもたらすある機講を示すのに用いられる(2)。(1)は固定された点または平面に関して,(2)は平均速度に関して定義される。もし(1)の逆混合を伴うかくはん階段型反応器と,それと同じ滞留時間分布をもつ充てん層を比較すると完全混合(1)の偏差+ポマソン分布の偏差=直列槽の全偏差=逆混合(2)の偏差となる;参4
タイトルに関連する用語 (1件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る