{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602006998455052   整理番号:68A0172351

ニオブとタンタルのイオン交換分離プロセス

Ion exchange separation processes for niobium and tantalum.
著者 (2件):
資料名:
巻:号:ページ: 1-5  発行年: 1968年
JST資料番号: A0531B  ISSN: 0019-7882  CODEN: IEPDA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
イオン交換プロセスによって,コルンプ石からニオブとタンタルの酸化物を生成するフローシートを開発した。本法は,ニオブとタンタルのイオン交換についてのデータおよび技術について文献上の探究によって得たデータをもとにしている。コストは,固定層を使用した混合酸化物1ポンドあたり2.54ドル,連続接触器の場合には2.46ドルである。溶剤抽出による生成の予備概算では,ポンド当り2.44ドルである。またイオン交換コストの概算に最適仮定を用いた。コスト以外のほかの諸因子を考慮すると,ニオブとタンタルの生成に対しては溶媒抽出よりもイオン交換のほうがすぐれている;写図1表8参43
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る