{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007009039564   整理番号:60A0068275

新しい耐火物が1960年代に発達すると期待される

New refractories look to 60’s for development.
資料名:
巻: 135  号:ページ: 50-51  発行年: 1960年
JST資料番号: B0083A  ISSN: 0006-9779  CODEN: BRCRA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 文献レビュー  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
炭化けい素が複雑な形状に作られて化学工学の金属部品と置き換わるようになった.アルミナはSK55までの黛炉本体または窯道具に用いられる.スピネルはフェライトと反応せずアルミナよりも高温で用いられる.ZrO2を用いた実験炉も実例がある.ZrO2は高温で電導性を示すか〉ら適当左端子さえあれは自体が発熱体になる.ミサイル弾頭の回収にもZrO2が考慮される
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る