{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007018753962   整理番号:60A0102187

Biquadraticな極小駆動点関数の実現定理

A realization theorem for biquadratic minimum drivingpoint functions.
著者 (2件):
資料名:
巻: 48  号:ページ: 1659-1660  発行年: 1960年
JST資料番号: D0378A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 短報  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
biquadraticな極小駆動点インピーダンスをもつ回路の構成法についてはKimおよびValkonburgの研究がある.ここではKimのように回路のトポロジカルな形状をあらかじめ仮定せずにしかも最小数の素子により回路を構成する方法を述べる.任意のbiquadraticな極小駆動点インピーダンス関数は一端を容量で終端したRL2-開口回路の入力として実現できる.という定理の充分な証明を与えた
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る