{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007021946569   整理番号:68A0058631

溝形歯面を持つノビコフ歯車の極前後かみあい

Дозаполюсное зацепление новикова с каналовы ми поверхностями зубьев.
著者 (2件):
資料名:
号:ページ: 29-33  発行年: 1968年
JST資料番号: R0148A  ISSN: 0536-1044  CODEN: IVUSA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ノビコフ歯車の極前後かみあいのピッチ輪郭として現在用いられているものによれば歯形は4個の部分にわかれ,そのうち2個所は円弧,他の2個所はこの円弧を連絡する曲線としたものとなリ,これは溝形ではないとして,新しいピッチ輪郭を提案して溝形のノビコフ歯車がえられる可能性を示す;図3参2
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る