{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007023305676   整理番号:68A0069061

防空待避室の超過圧力弁の調査流れ特性と振動および爆風波応力に対する耐久性の研究

7-Investigation of shelter-room overpressure valves A study concerning flow properties annd endurance of vibrationandblast wave stress.
著者 (2件):
資料名:
号: 127  ページ: 4-48  発行年: 1968年
JST資料番号: B0639A  CODEN: VTTJA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: フィンランド (FIN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
フィンランドと外国産の鉄またはアルミ製弁21種について行なった圧力低下測定,振動試験,爆風応力試験の報告。測定装置と方法はノルウェー規格の仕様を用いた。結論として振動試験では概して弁の耐久性は良好,爆風試験では鋼製弁板を持つ弁は強いが,鋳物製の弁は弱いこと,開放圧力では概して要件に合うこと,圧力低下の点では弁板の軽量設計,通気道の形状によって差が大きいことなどが判明;写図71表4参5

前のページに戻る