{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007024894861   整理番号:68A0331259

たんぱく結合 IV スルホンアミド剤の血清アルブミンとの結合定数および抗菌作用に対する電子構造の指標との関係

著者 (2件):
資料名:
巻: 16  号:ページ: 734-738  発行年: 1968年
JST資料番号: G0504A  ISSN: 0009-2363  CODEN: CPBTAL  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
電子構造に対する指標であるQ値,すなわちスルファニルアミド基の共役が除外されている単純モデルのN1-窒素原子に隣接する炭素原子のπ-電子密度をHueckelの分子軌道法を使用して計算した.このQ値はウシ血清アルブミンとスルホンアミド剤との内因的結合定数の対数と相関関係があり,その相関係数は19検体について5%のレベルで0.491である.また抗菌作用との関係についても議論した:参27

前のページに戻る