{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007025837152   整理番号:68A0107017

とう載光学計測による単一固定点を使った中間航路誘導

Midcourse-guidance procedure with single position fix obtained from onboard optical measurements.
著者 (3件):
資料名:
号: D-4246  ページ: i,iii,1-81  発行年: 1967年
JST資料番号: B0433A  CODEN: NASCA   資料種別: 技術報告 (T)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
中間航路誘導には手動方式が行なわれている。これは棧上の計算が限られており,緊急の場合または補助の操作としては十分な正確さをもっている。しかしこのような手動では自動のような精度は得られないが,この方法によれば終端誘導系が比較的簡単な装置で実現される。そして地球,月の軌道に適用し例をしめした。基本的には多くの固定点をきめるよりも一つの固定点をきめる方がよく使われている方法である。目標点の誤差,星の選択,線形近似の方法について検討した;図38 表12 参14
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る