{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007027197142   整理番号:58A0044792

補強用顔料粒子の孔の大きさとその分布 I

Pore sizes and pore size distribution in reinforcing pigment particles - 1.
著者 (1件):
資料名:
巻: 139  号:ページ: 63 - 67,73  発行年: 1958年
JST資料番号: E0022A  ISSN: 0035-9572  CODEN: RUBWA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ゴムまたは他のエラストマー中での顔料粒子の内部孔または毛管の補強作用への影響,顔料には孔が小さすぎてゴム分子が浸透せず補強効果のないものと同一大の孔でその表面に促進剤や硬化剤を吸着し補強効果を示すものがある。孔形と孔の大きさの分布が重要。N2の吸着,脱着の実験と工業的に重要な顔科について孔形と孔の大きさの分布を求む
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る