{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007040520769   整理番号:68A0291302

湖や貯水池の水質基準に関する生産性現象研究の新しい試み

A new approach to the study of productivity phenomena as related to water quality criteria in lakes and reservoirs
著者 (1件):
資料名:
巻:号:ページ: 102-105  発行年: 1968年
JST資料番号: B0760A  ISSN: 0043-1354  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 予稿  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
”68年9月2~6日にプラハで開催予定の第4回水質汚濁国際会議において発表予定の論文要旨を記述。湖水や貯水池に発生するプランクトンと魚類と水質との相関関係につき論述。プランクトン数の増減は,Kjeldahl法によにり測定される窒素濃度と溶存酸素量に依存,窒素濃度は日中と夜間で変化,またプランクトン(zoopiank-ton)数と魚類数とは明確な相関があるので水質確保が可能となる;写図2

前のページに戻る