{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007042530435   整理番号:60A0037072

緊定具設計資料XIV緊定用ピン

The fasteners book design data section.XIV.Pin fasteners.
資料名:
巻: 32  号: 20pt2  ページ: 70-74  発行年: 1960年
JST資料番号: D0003A  ISSN: 0024-9114  CODEN: MADEA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: データシートなど  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
せん断負荷のみ働く部分ではピンが有効な緊定具となる。ピンは大別して半永久緊定用と迅速緊定解放用とになる.前者にはテーパービン,合わせピン,割りピン,回転接手用クレビスピンなどの機械ピンと半径方向に緊定力の働く溝割りピン,ばねピンなどがあり,後者は迅速組立分解用に開発されたものでプッシュプル型と確実緊定型とがある。これらピンの規格,機能,応用および設計や使用上の注意を解説;図6表3
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る