{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007046826266   整理番号:68A0114576

シリカゲルの脱水の程度が吸着された四塩化チタンの加水分解の機構に及ぼす影響

Влияние степени дегидратации силикагеля на механизм гидролиза адсорбированного четырех-хлористого титана.
著者 (2件):
資料名:
巻: 42  号:ページ: 1210-1214  発行年: 1968年
JST資料番号: R0136A  ISSN: 0044-4537  CODEN: ZFKHA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
シリカゲルの表面の水和度が減少すると四塩化炭素とシリカゲルの水酸基との相互作用の機構が変化する。すなわち完全に水酸基化した表面での四塩化炭素の加水分解には3個の水酸基が関与するが表面における水酸基の濃慶が3.3~2.5m-1quiv/gのときには3ないし2個の水酸基が反応する。さらに水酸基の含量が減少して1.2m-1quiv/gになると2個の水酸基が反応するだけである;写図1表1参10

前のページに戻る