{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007047231932   整理番号:68A0318618

粒子-空孔計算における並進対称性の配れの影響。208Pbへの応用

Effects of translational invariance violation in particlehole calculations Application toPb.
著者 (2件):
資料名:
巻: 115  号:ページ: 296-308  発行年: 1968年
JST資料番号: D0209B  ISSN: 0375-9474  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: オランダ (NLD) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
最近殼模型計算で,内部運動から,重心運動の分離を行わないことによって生じる困難を避ける方法が開発された。この方法を,極端に模型化したポテンシャルで,T-D近似を行なって得られる208Pbの1-状態の計算を応用した。その結果,重心運動の影響は,遷移確率には,非常に大きな影響を持ち,最悪の場合100倍の差を生じるが,固有値については,ほとんど影響を与えず,ほぼ,10-2MeV程度である。この方法は,実用上ほとんど,重心運動が分離された波動関数を与える;写図2表5参6
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る