{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007051903856   整理番号:68A0216136

感電に対する最近の保護結線方式

Die Fehlerstrornchutzochaltung eine moderne ochutzmassnahme.
著者 (1件):
資料名:
巻: 22  号:ページ: 5-9  発行年: 1968年
JST資料番号: Z0000A  資料種別: 不明
記事区分: 解説  発行国: その他 (ZZZ) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
感電防止は保護装置の性能とその使用方法の優劣に大きく関係する本文で説明する保護方式は,一般の接地よりは有効である。ジーメンス社製の例の実験データを示す。動作時間が非常に短かいため,人体に対する危険は小さくなる。この装置は主な結線方法,実際に使用した場合のデータも示す;写図3表2参5
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る