{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007052272507   整理番号:68A0333331

じん臓こはく酸デヒドロゲナーゼに関する実験的研究III 糖,たんぱく負荷時ラットじん臓こはく酸デヒドロゲナーゼの年齢的差異

著者 (1件):
資料名:
巻: 72  号:ページ: 381-391  発行年: 1968年
JST資料番号: F0896A  ISSN: 0001-6543  CODEN: NIPOA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
幼若群は糖負荷に際し,成熟群にくらべ年齢の小さいほど糖尿中排せつ量が大きく,排せつ時間の遅延がみられ,同時にじん臓こはく酸デヒドロゲナーゼ(じんSDH)は出生直後群に低下があるが,以後の日齢では,活性の低下はみられず上昇が観察された.たんぱく負荷時のたんぱく排せつ量は,糖の場合とは逆に幼若群にくらべ成熟群に大きかった.じんSDHは幼若群において,初期に低下がみられ,後に上昇,生後2週以上の群では活性の低下なく直ちに上昇.その後全群において活性の低下を観察:参55

前のページに戻る