{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年07月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年07月
文献
J-GLOBAL ID:201602007060925528   整理番号:58A0054333

最小数の素子を用いた電子的スイッチング回路

Minimize Components in Electronic Switching Circuits.
著者 (1件):
資料名:
巻: 1958  号: 37  ページ: 283-290  発行年: 1958年
JST資料番号: A0339A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
スイッチング回路をなるべく経済的に合成するため,トランジスタ,ダィォード,真空管,継電器などを必要最小限に止めることについて論じたものである。与えられた入出力の表からBool関数の第一次正準形および第二次正準形の余関数を求め,これらをBool代数により整理しこの二つのうちで素子のすぐなくて済む方を選んで回路を合成するものである
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る