{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年05月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年05月
文献
J-GLOBAL ID:201602007063332323   整理番号:58A0056177

消弧リアクトル系統における動作監視手段としての零相電圧

Die Nullspannung in geloeschten Drehstromnetzen alsMittel zur Betriebsueberwachung.
著者 (1件):
資料名:
巻: 57  号: 13  ページ: 397-399  発行年: 1958年 
JST資料番号: B0462A  ISSN: 1619-5795  CODEN: EKZWA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
消弧リアクトル系統の零相電圧は,その三相対地容量3CEの値が変化すれば,同調が外れて変るから,線路の開閉などによる系統構成変化を補助的に監視して制御することが可能である。著者の属している電力会社での,二,三の経験例を述べ,非常に例外的な場合に,補助的に使うべきだとしている
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る